診療内容

一般皮膚科、小児皮膚科、アレルギー全般、皮膚のお悩み相談などを幅広く取り扱っています。

一般皮膚科診療
(保険取り扱い)

しっしん、かぶれ、乾燥肌、アトピー、じんましん、花粉や食物アレルギー、にきび乾癬、掌蹠膿疱症
けが、やけど、しもやけ、とびひ、ヘルペス、水虫、いぼ、うおのめ、爪相談、ほくろ、しみ、白斑、脱毛相談など

その方のライフスタイルに適した治療をご提案します。

アレルギー検査・花粉症相談

乳児の食物アレルギー・小児および成人のアトピー性皮膚炎・じんましん・金属アレルギー等には、
血液検査、パッチテスト、プリックテストによるアレルギー検査を行っています。また、花粉症の相談も受け付けています。

処置や検査を要する治療

いぼ・ほくろ・できものには、液体窒素や高周波メス、炭酸ガスレーザーによる処置を行っています。
ダーモスコピー等で診断できない場合には、必要に応じて皮膚生検検査を行い、
大きい腫瘍や悪性と判断した場合は、責任を持って連携する病院に紹介をさせていただきます。
※一部は予約診療になります。

紫外線治療

特定の波長を選んで作られた、日光よりも安全な紫外線治療器で皮膚に照射し、 免疫反応や細胞の増殖を抑えることによって皮膚病を治す方法です。
乾癬・アトピー性皮膚炎・掌蹠膿疱症・白斑・円形脱毛症等には、通常治療に加えて、PUVA、ナローバンドUVB、エキシマライト照射治療を行っています。
※一部は予約診療になります。

フットケア

巻き爪・陥入爪(ワイヤーは自費診療)、高齢者の肥厚爪やタコ・ウオノメ削り等、
フットケアは、年齢に関わりなく全ての患者さまの日々の健康生活にとても重要だと考えています。
いつまでも自分の足で歩くことは高齢者の介護予防にも関わりが深いため、当院が積極的に取り組んでいる分野です。

皮膚科心身医学

皮膚は心や身体と関わり合っています。
じんましん、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症、爪かみや皮膚むしり等が代表ですが、近年、ストレスが関与していると思われる患者さまが増えています。
皮膚科医も、薬物治療だけではなく、ストレスケアの視点を持って患者さまの相談に乗り、適切なアドバイスを行うことが重要だと考えています。

その他自費診療

  • 帯状疱疹ワクチン
  • 塩化アルミニウム水
  • ケミカルピーリング(サリチル酸マクロゴール使用)
  • 巻き爪ワイヤー(形状記憶合金ワイヤー使用)
  • かかとの角質ケア(フスフレーゲ)
  • 医療用弾性ストッキング
  • AGA(男性型脱毛症)内服薬・・・フィナステリド、ザガーロ
  • U-Vlok (飲むUVケア)、ハイドロキノン(美白外用剤)
  • 各種スキンケア商品
仮
中待合室 スロープ設置
仮
処置室内 ナローバンドUVB
仮
診察室内 炭酸ガスレーザー
仮
フスフレーゲ
(ドイツ式フットケア)

疾患の説明と
治療方針

かぶれ(接触皮膚炎)

原因があって湿疹病変が同じ部位に繰り返される皮膚炎です。刺激性とアレルギー性があります。
長く放置すると、色素沈着を起こすだけでなく、全身に痒みが拡がる自家感作性皮膚炎へ拡大することがあります。
化粧品等や金属(ピアス等)はパッチテストによる検査も可能です。

アトピー性皮膚炎

皮膚炎を繰り返すことから治療歴が長くなり、不安や迷いを抱えておられる患者さまが多い病気です。
体質的な要素はありますが、傷ついた皮膚を通して過敏性またはアレルギー性反応がさらに作り出されるため、
適切な外用剤や保湿剤使用によるバリア機能の正常化が重要だと考えられています。
症状に応じて、紫外線照射や効果の強い飲み薬の処方を組み合わせることもありますが、
大部分の患者さまは、生活習慣の改善・ストレスケア・スキンケアを組み合わせることで、症状を良好にコントロールすることができます。

にきび

当院で相談の多い病気の一つです。
体質的な要因に生活習慣や環境要因が加わり、慢性になりがちです。
現在は肌質を改善する予防的な塗り薬が保険適応になり、にきび治療は進化しました。
どうしても繰り返してしまう患者さまには、漢方薬やケミカルピーリング、スキンケア剤もご提案します。

尋常性乾癬

慢性の皮膚病の一つで、患者さまによって症状の重症度に幅があります。
ただ、薬の塗り方や生活習慣の改善で症状が良くなる患者さまも多い疾患です。
これまで軽症例しか症状をコントロールできませんでしたが、
近年、安全で効果の高い飲み薬が保険適用となり、中等症~重症例にも満足のいく改善が見られるようになりました。
必要に応じて、紫外線療法も行っています。

爪相談

巻き爪および陥入爪、肥厚爪は、当院で相談の多い病気の一つです。
爪の切り方・靴の履き方・テーピング等、なるべく自宅でできる基本的なケアを中心に相談・指導を行いますが、
患者さまの症状に応じてワイヤー治療等もご提案することがあります。