院長紹介

患者さまへの想い

院長の写真

院長の宮崎美智代です。
この茨木の地で、二人の子育てとの二足のわらじをはいて皮膚科医師を勤めてまいりました。
そのため北摂地域への愛着もひとしおです。

私は幼少からアトピーのほか、
生まれつきの斜視・弱視というコンプレックスと共に過ごしてきましたが、
30年以上患者さまの診療に携わるうちに、気付いたことがあります。

皮膚に悩みを抱えたことが、自分の考え方、さらには生き方までもネガティブな方向へ変えることがあります。
その一方で、心身のストレスが皮膚を悩ますこともあります。
私自身がずっとそうでした。

 

患者さま自身が正しい知識をもって病気を理解し、自分に合った治療や生活の改善策に出会う。
そして、症状が良くなることが自信へと繋がり、
いつの間にか皮膚の病気を経験したことが
自己管理力や忍耐力をも培うライフイベントになっていくということです。

 

もちろん、そのペースや道のりも、症状と同様に一人ひとり違います。
当院を訪れて来られた患者さま一人ひとりに対して、
そのお手伝いをしている医師としての立場に日々感謝して、これからも取り組んで参ります。


プロフィール

  • 昭和39年生まれ
  • 昭和63年島根医科大学卒業
  • 日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医
  • 日本皮膚科学会、日本臨床皮膚科学会、日本皮膚科心身医学会、大阪皮膚科医会 所属

経歴

昭和63年
京都大学付属病院皮膚科入局
昭和63年~平成元年
京大病院皮膚科勤務
平成元年~平成2年
国立京都病院皮膚科勤務
平成2年~平成7年
長浜赤十字病院皮膚科勤務
平成7年~平成10年
済生会中津病院皮膚科勤務
平成10年 ~平成22年3月
佐久川クリニック勤務
平成22年5月1日より
宮崎皮フ科開業